<< 真夏の結婚式 ツバメの棲みか >>
100年前のひかり
e0163074_2215246.jpg


フェリックス・ティオリエの写真展へ。

まだ写真技術が発明されて間もない時代、約100年前の写真を見ました。

当時の人たちの暮らしや、フランスのきれいな景色が映し出されていて、
そういうところを見るのも面白かった。


そこでやっていたワークショップ。

100年前のひかりに色をつけよう。

カードに印刷されたティオリエの写真に、色鉛筆で色をつけた。

久しぶりの色鉛筆に、わくわくした。
[PR]
by lovelike_a | 2010-07-31 02:44 | モノ | Comments(4)
Commented by macycle at 2010-08-01 00:41
そういやクレヨンや色鉛筆って長い間握ってないですね。
ちょっと懐かしくなった一枚でした。
Commented by pretzel_logic at 2010-08-01 23:47
淡い色合いが素敵です。よく見ると葉っぱの緑系も塗ってあって、かなり時間がかかったのではないですか?
あと、手前の文鎮(?)がいい感じですね♪お店でこんなの見つけたらすぐ買っちゃいます。
Commented by lovelike_a at 2010-08-02 00:20
●macycleさん●
なかなか握る機会って、ないですよね。
写真も良いけど、写生もしたくなりました。

 aibo
Commented by lovelike_a at 2010-08-02 00:21
●いけさん●
これは濃淡は白黒写真ですでについているので、上からササーっとぬると丁寧に上手に塗ったように見えるのです。
手前のは塗ったやつを缶バッチにしてくれました^^
お気に入りです。

 aibo
<< 真夏の結婚式 ツバメの棲みか >>